2010年06月23日

DVD-VIDEOを作るメモ1

XMedia RecodeとDVDオーサリングソフトのDVDStyler
http://www.dvdstyler.de/
を使ってDVD-VIDEOを作るメモです
全てのプレイヤーで再生出来るかは保証しません


XMedoa Recode
・形式タブ
dvd001
形式はVOB、またはMPEG2を選ぶ
VOBの方がDVD向けの設定がされてる

音声はAC3とMP2が選べるが
日本のプレイヤーではMP2を再生出来ない
場合が多いので選ばない

・ビデオタブ
dvd002
LevelはMP@MLを選択 

フレームレートは日本のプレイヤーで再生するなら
29.97(NTSC)を選択
23.976fps素材(アニメとか映画とか)の場合は
形式をMPEG2にして23.976を選択
しかしこの場合プレイヤーによっては
正しく再生出来ない可能性があるかも 詳しくはこちら

レート調整モードは高画質なら2-Passを選択
速度を優先するなら可変か固定

ビットレート 詳しくはこちら

最大ビットレートは規格上9800Kbpsまで可能
しかし映像、音声、字幕などを合計した時の
規格上の値が10080Kbpsまでなので
余裕を持って9500くらいまでで設定するのがいいかも
2-Passの場合、ビットレート+1000〜1500くらいに
しないと変換に失敗するかも
 
最小ビットレートは1500Kbps以上に設定
これ未満だとプレイヤーによっては
再生に失敗するかも

VBVバッファサイズはAutoに設定

B-フレーム数は3が一般的だと思う

スレッドはAutoを選択
マルチコアのCPUでエンコードの速度が上がる

GOP長さ15が一般的だと思う
規格上は18まで

カラーモードは4:2:0を選択
4:2:2ではDVDにならない

表示モードは素材に合わせて
プログレッシブかインターレースを選択
インターレース解除と書いてるが実際は
インターレース保持する

DC精度は数値が増えるほどサイズも増えるが
グラデーション部分などで画質が上がるはず

SVCDスキャンオフセット
たぶんDVDでは必要ないと思う

クローズドGOP
再生のみなら必要ないと思う

Trellis
チェックを入れると多少画質が上がるかもしれない

量子化
マトリックスの種類でデフォルトより
MPEG標準の方がサイズは増えるが画質は上


・音声タブ
dvd004
サンプルレートは規格上48000のみ

ビットレートは規格上448以下
1チャンネルあたり64を下回ると
音が歪んでくると思う

チャンネルはモノラル、ステレオ、
5.1チャンネルが選べる


・クロップ/プレビュータブ
dvd005
ビデオサイズは日本のプレイヤーで再生
するならNTSCと書いてるのを選択する

アスペクト比は素材に合わせて
4:3か16:9を選択する


続く

posted by 沈黙 at 04:26| Comment(0) | TrackBack(1) | メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

movファイルからDVDを焼く
Excerpt: ただのメモですので(笑)実際にDVDを作るときはもっとちゃんとしたサイトを参考にしてください(笑)・XMedia Recode(ver.3.3.0.0)でvobに変換ファイルを開き形式タブ一般プロファ..
Weblog: pomme rouge
Tracked: 2016-03-06 02:33
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。